MacウイルスFlashBackなどのマルウェアが氾濫した要因

Apple製品であるMacはウイルスに感染しない。

それはもはや伝説となりつつあります。

Windowsを比べて普及数が少なかったMacOSパソコンは今までウイルスには感染しない。
そもそもMacをターゲットにしたウイルスが頻繁に生み出されない。
そういう環境のためMacユーザーはアンチウィルスについての対策はあまり施さない場合が多かった。

もはやMacは完璧ではない

過去、Macがマルウェアの開発者からターゲットにされなかったのは、開発元にその見返りが少ないと判断できる市場出会ったからそこである。

現在のMacBook AirやMacBook Proの普及速度は著しく、ウイルス感染させることによる見返りも悪意のマルウェア開発者にとっては十分な市場になってきたと言えるようだ。

米国紙で報じられたFlashBackウイルスの蔓延など、Macを攻撃するウイルスの多くはMacOS製品の普及数が増加してからの出来事である。

アンチウィルスの対策は必須

何が言いたいのかというと
MacユーザーもWindowsのそれと同じようにセキュリティに関する対策は施しておくことが現実的に最も無難な選択だということです。

タグ

2012年8月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:Macウイルス感染

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ