Macウイルス感染60万台以上 米国でトロイの木馬感染が膨大に

まず、断っておきたいのですが、ソースがロシアの企業というところなので、日本とは少し縁遠いかも知れません。しかしながら、ウイルス感染しているのは米国のようなので、日本でも近い将来同じような被害が発生するかもしれません。

米国でMacがいとも簡単にウイルス感染したというニュースが出回っている。

Macはウイルス対策ソフトをインストールしている環境が少ないため当然といえば当然ですが、やはりトロイの木馬は怖いです。個人情報を盗まれるわ、勝手にお金を引き出されるような犯罪に巻き込まれるわで、これほど怖いウイルスはないでしょう。

米国で60万台以上のMacがウイルス感染(トロイの木馬)

Yahoo!ニュースより

あるロシアのアンチウイルス企業によると、50万台以上の「Macintosh(Mac)」が「Flashback」と呼ばれるトロイの木馬に感染しているという。Flashbackは、個人情報を盗むことを目的とするマルウェアパッケージだ。

Dr. Webというその企業は現地時間4月4日に行った独自の報告で、55万台のMacコンピュータが、拡大を続けるそのMacボットネットに感染していること を明かした。しかし、その日のうちに、Dr. WebのマルウェアアナリストであるSorokin Ivan氏は、Flashbackに感染したMacの台数が60万にまで増加し、そのうちの274台はカリフォルニア州クパチーノにあることを Twitterで発表した。

感染したMacの半分以上(57%)が米国にあり、20%はカナダにある、とDr. Webは述べている。

Flashbackが最初に発見されたのは2011年9月のことで、「Adobe Flash Player」プラグインインストーラになりすましていた。しかし、ここ数カ月で同マルウェアは進化を遂げており、Javaの脆弱性を悪用してMacシス テムを標的にするようになった。先週末に登場した新たな変種は、Appleが4月3日にパッチをリリースしたJavaの脆弱性を利用しているようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120405-35015909-cnetj-sci

以上

Windows同様、OSの最新UpdateとFlashPlayerの更新を怠ることによる脆弱性を狙ったものと思われます。

Macが普及しすぎたことにより、紛れも無く悪意のウイルス感染という弊害が増加しているということでしょう。

今回は60万台ということですが、普及台数比で考えるとWindowsなら600万大規模の感染という見方もできるため、この感染台数は少ないと見るか多いと見るか、個人差はあるでしょう。

タグ

2012年4月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:Macウイルス感染

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ